未分類

アクションからRPGにゲームシステムが一新した「龍が如く7」

2020年1月16日に新しく発売された「龍が如く」シリーズ最新作「龍が如く7 光と闇の行方」は今までのシリーズからはゲームシステムが一新されて新しくなりました。
その「龍が如く7」はどんなゲームなのでしょうか?

「龍が如く7 光と闇の行方」とは?

龍が如くシリーズは今まで「桐生一馬」という元極道の人間が主人公でした。ですが前作である「龍が如く6」で物語が完結してしまったために今作の「龍が如く7」からは新キャラクターである「春日一番」が主人公となります。

物語は今までのシリーズ同様「裏社会」をテーマのものとなっていて、今までのシリーズの物語と同じ世界となっています。ですが今作の主人公である「春日一番」は刑務所に長いこと収監されていたことから今までの「東城会」や「近江連合」という極道が起こした覇権争いを全く知らないことになっています。

今作の芸能人もとても豪華!

龍が如くシリーズというと有名な芸能人がたくさん登場します。年々リアルさを増していますが今作もとてもリアルでその芸能人がそのまま声優も務めています。
前作までに登場した有名人は

・ビートたけし
・北大路欣也
・松方弘樹
・渡哲也
・高橋克典
・哀川翔

などのベテランから

・沢村一樹
・小栗旬
・藤原竜也
・桐谷健太
・大東駿介
・井浦新

などのイケメンまで登場しています。

そこで気になる今作に登場している芸能人は

・中井貴一
・堤真一
・安田顕

が重要キャラクターとして登場しています。

龍が如く7の魅力とは?

では新シリーズになった「龍が如く」ですがどんな魅力があるのでしょうか?

従来同様「ストーリー」が面白い

龍が如くと言えば「裏社会」で生きてきた桐生一馬の漢気もさることながらやはり作りこまれた「ストーリー」にあると思います。
今作では今までの「桐生一馬」ではない物語のため不安に思う部分があるかもしれませんが全くそんな必要はありません。
今作の「龍が如く7」については賛否両論ありますがそれは新しくなったシステムのことを昔のほうが好きだった人や今作のほうが好きなどのいろいろ意見が分かれていますがストーリーに関しての評判は悪くありません。むしろシリーズのなかでも十分上のほうにランクイン出来るほどの作りこまれたストーリーで誰でも楽しめるようになっています。

ステージが今までの3倍大きくなった!

今作の舞台は「伊勢佐木異人町(イセサキイジン町)」という新マップとなっていて今までの「神室町」の3倍の大きさとなっています。
今までのシリーズをプレイしたことがあるひとも新しいマップが増えたことによってまた新たな探索が出来るだけではなく従来の「神室町」や「蒼天堀」なども登場するためどちらも楽しめるようになっています。

アクションからRPGに変わったことでキャラの育成が楽しい

今までのシリーズでは「アクション」のジャンルでしたが今作からは「RPG」にジャンルが変更になりました。今までの格闘ではテクニックがとても重要でした。そのためスキルや身体能力の向上などはありましたがそこまで「育成」というほどのものではありませんでした。ですが今作では「RPG」になるためレベル上げなどのキャラの育成や「装備集め」も重要になってきます。
レベルの高い敵に対して勝つことが難しいので対策を練ってから戦う必要があるためアクションが苦手な人でもプレイしやすいものとなっているだけではなく「育成」によるやりこみ要素があるということになります。

今までのシリーズをプレイしたことがない人でも今作から始められる

今までの龍が如くシリーズでは「龍が如く0」から「龍が如く6」まで物語が前後するとは言え続いていました。
そのため今までプレイしたことがない人にとっては今更感が出てしまう部分もありましたが、今作では「新キャラクター」で「新マップ」で「新バトルシステム」となっているため今までのシリーズをプレイしたことがないという人でも十分参加することが可能となっています。
今までの龍が如くシリーズは【龍が如くシリーズ累計1,100万以上販売された人気極道ゲーム】で紹介しています。

サブクエストも豊富で会社経営はそれだけでも楽しい

龍が如くシリーズの定番であるサブクエストはユニークキャラクターたちの珍エピソードもたくさんあり笑えるようなものも用意されています。
「ドラゴンカート」という誰もが見たことがあるようなレースを楽しむことが出来たり、とくに行く必要も全くないがとても作りこまれている「資格学校」など本当に充実しています。
それだけではなくシリーズでもあった「パチンコ・パチスロ」では「ミリオンゴッド」や「猛獣王」「蒼天の拳」などで遊ぶことができたりゲームセンターやカラオケなどあそべる要素はたくさんあります。

今作は「RPG」ということで装備を手にするためには「お金」が重要になってきますがそのお金を稼ぐために「会社経営」が出来るものが本当に楽しいものとなっています。お金を稼ぐことが出来るだけではなく人材をスカウトしたり売り上げを伸ばして株主総会をしたりと会社経営をすることが出来るようになっています。

龍が如く7 光と闇の行方のまとめ

今作は今までのシリーズとはかわってしまった部分があるのは確かですがストーリーはもちろんのこと、世界観などもそのままとなっているので今までプレイしたことがあるひとはぜひやってもらいたい作品となっています。
今までプレイしたことがないという人は「龍が如く」というものを知るうえで裏社会の物語となりますが本当に素晴らしい作品となっているので挑戦してみてほしい作品と言えるでしょう。