未分類

「GOTY2018」を受賞したゴッド・オブ・ウォーの魅力とは

The Game Awards 2018の「Game of the Year」を受賞した「GOD OF WAR(ゴッド・オブ・ウォー)」は2018年もっとも評価の高いPS4用のゲームソフトとなりました。

そんな「ゴッド・オブ・ウォー」の魅力とはなんなのでしょうか?どんなストーリーで前作をやっていないと楽しめないのでしょうか?今回は「ゴッド・オブ・ウォー」をテーマにまとめてみました。

GOD OF WAR(ゴッド・オブ・ウォー)とは?

ゴッド・オブ・ウォーシリーズ初となるPS4専用ソフトとして発売されたものになります。
今まで発売されたシリーズは

『ゴッド・オブ・ウォー』(2005・PS2)
『ゴッド・オブ・ウォーII 終焉への序曲』(2007・PS2)
『ゴッド・オブ・ウォー 落日の悲愴曲』(2008・PSP)
『ゴッド・オブ・ウォーIII』(2010・PS3)
『ゴッド・オブ・ウォー 降誕の刻印』(2010・PSP)
『ゴッド・オブ・ウォー アセンション』(2013・PS3)
『ゴッド・オブ・ウォー』(2018・PS4)

こちらになっています。

歴代シリーズの簡単なあらすじ

スパルタの戦士であるクレイトスが主人公となります。

そのクレイトスは強さが認められて数千人の上にたつ指揮官となるまでに成長します。戦いに明け暮れていたクレイトスでしたが、戦いに敗北してしまう。

命を奪われそうになったその時に、戦いの神である「アレス」に向かって

「アレス!我が敵を滅ぼせ!我が魂を捧げよう!」

と叫ぶと敵は「アレス」によって倒される。そのあと神のシモベとなったクレイトスに神の武器が授けられる。

だが「アレス」の策略にハマってしまったクレイトスは自分の妻と娘と知らずに殺害してしまう。

亡くなった後に自分の家族であることに気がついたクレイトスは「アレス」に復讐を誓う。そこから最強の戦士クレイトスが「アレス」を倒し「ゼウス」も倒して神々を滅ぼしていくという物語が、前作までのシリーズストーリーとなっています。

ゴッド・オブ・ウォーのあらすじ

今までのシリーズから何年・何十年と歳月が経過していて見た目もヒゲが伸び、筋肉やチカラも衰えたクレイトスを操ることになります。

今作は現在の妻が亡くなってしまうところから始まります。妻の遺言である「もっとも高い山のてっぺんから遺灰を撒いて欲しい」という願いを叶えるべく息子と共に「ミズガルズ」という場所にある山頂を目指して旅をしていくというものになります。

血塗られた過去があるために今まで遠ざけていた息子「アトレウス」とは距離をとって暮らしていたが、妻の死によりアトレウスを育てることが出来るのは自分しかいないと悟ったクレイトス。

共に旅をするうちに徐々に親子としての絆を築いていくものとなっています。

今作から始めても楽しめるのか?

今までの歴代のシリーズをやっていると全盛期のクレイトスを知っているので衰えたが父親としての姿を見ることが出来る今作はもちろん楽しむことが出来ますが、今作から始めた人も最初はおじさんが主人公としてパッとしないかもしれませんが、敵を倒して行く爽快感やアトレウスとの絆の物語を十分楽しむことが出来る作品となっています。

どんな操作性なのか?

クレイトスは戦斧「リヴァイアサン」と素手攻撃にて戦います。アトレウスはサポートキャラとしての役割となっていますが、指示を出して共に敵を倒すというものになります。

戦斧を使って敵をなぎ倒すだけでなく、戦斧を自在に投げてボタン一つで戦斧が戻ってくるのはとても爽快です。

戦斧を投げ当てると敵を凍らせることが出来るので凍らせた敵を倒して行くということになります。

巨大な敵や強い敵でもクレイトスとアトレウスの二人ならば倒していけるようになっています。スキルツリーによる成長でどんどん技も増えて敵を倒しやすくなります。

今作のゴッド・オブ・ウォーの魅力

今作はオープニングからエンディングまでローディングが一切ありません。常にムービーシーンもゲームの中で動いているため戦闘シーンからムービーシーンへの切り替わりなどがありません。

操作している時もムービーシーンも常に同じ綺麗な画質で操作することが出来るようになっています。

メインクエストの他にサブクエストも存在しています。やるかやらないかはプレイヤー次第ではありますが、ゴッド・オブ・ウォーシリーズ特有のサブクエストの報酬は豪華なものが手に入るためにやった方が物語を進めやすくなります。

ゴッド・オブ・ウォーのまとめ

今作の「ゴッド・オブ・ウォー」は賞を受賞するほどの高い評価を受けているだけでなく、画質・物語・操作性全てにおいて最高傑作となっています。2018年を代表する「神ゲー」と言えるでしょう!

気になっているのであれば絶対やった方がいいゲームと言えます。