未分類

ソロでもマルチでも面白いFar Cryシリーズの魅力とは?

今回は日本でも海外でも根強い人気を誇り、新作が発売するとすぐに売れてしまう「Far Cryシリーズ」をやったことがないという人のためにどれだけ面白いのか、どんなあらすじなのか、マルチでプレイすることができるのかなどをふまえて紹介していきたいと思いますのでよかったら参考にしてください。

Far Cryとはどんなゲームなのか?

オープンワールドのFPS系のアクションアドベンチャーゲームとなっています。マップはとても広く、幅広い戦術を駆使して敵を銃撃戦で倒していくゲームとなっていてただ戦うだけではなく、釣りや狩りをするなどさまざまことができるようになっていて、ソロプレイでの場合は助けた傭兵をそのまま雇って共に戦ったり、犬のブーマーとも共に戦うことができるので、一人でもたくさんの戦術が使用できるようになっていて、ステルス戦や正面突破など自分好みのスタイルで戦うことができるようになっています。

あらすじ

シリーズ毎にストーリーが違うので今回は「Far Cry5」で説明していきます。

アメリカモンタナ州にある架空の街「ホープカウンティ」が舞台となっていて、現地ではシード兄弟率いるカルト教団「エデンズ・ゲート」と言われる組織が街を牛耳っています。

「エデンズ・ゲート」のトップ教父はシード兄弟の次男ジョセフ・シードで他の3人の兄妹と共に組織を運営しており、勢力が徐々に拡大していてそれを止めようと阻止している現地レジスタンスと抗争の真っ只中にジョセフ・シードを逮捕するために派遣されたのが、主人公である保安官となっています。

冒頭ではジョセフ・シードを逮捕しにいきますがトラブルがあってその場から逃げ出しジョセフ・シードの逮捕が失敗に終わります。

そのため現地のレジスタンスと協力をしてエデンズ・ゲートを壊滅させるべく仲間を増やし、拠点を奪っていく展開となっています。

シリーズの繋がりとは?

基本的にはシリーズはどれも単発型になるので、わざわざ1から始める必要はありません。突然「Far Cry5」から始めてもストーリーがつまるようなものもありませんので好きなものから始めるといいですが、「Far Cry5」と「Far Cry ニュードーン」だけは例外としてストーリーに繋がっていますので「ニュードーン」をやるのであれば「Far Cry5」から始める方が良いでしょう。

マルチ要素

チュートリアルさえクリアしてしまえばあとはマルチプレイに対応していますので、友達同士で一緒にクリアも目指すことも可能となっています。

マルチプレイで友達と一緒に戦術を用いてステルスを楽しんだり、ダイナマイトや爆薬などをぶっ放してド派手に戦ったり、火炎瓶や火炎放射器などで草木に火をつけて火攻めをしたりと好きなスタイルで戦うことが可能となっています。

もちろん銃撃戦なので、アサルトライフルやサブマシンガン、ショットガンにロケットランチャーなど基本的なものは揃っているので一人一人倒していくスタイルでも楽しめます。

楽しいのはメインストーリーだけではない!

広大なマップでメインストーリー以外にもサブミッションなどもたくさん用意されています。サブミッションをクリアしていくと「レジスタンスメーター」というものが溜まっていきます。溜まっていくのメインストーリーには影響しないが物語を深く知ることができるようなサブストーリーが用意されています。

例えばメーターが溜まっていくと教父ジョセフ・シードの弟に激昂されて、主人公を捕まえるという内容の電話がかかってきます。捕まれば新しいストーリーが展開されていきますが、クリアしなくてもメインストーリーには一切影響がないので、やりたい人だけがやればいいようになっています。

Far Cryシリーズのまとめ

オススメとしては、「Far Cry5」から始めるのがいいと思います。続編を楽しむこともできますし操作性も快適なものになっています。カルト教団との戦いはとても面白くやり応えたっぷりで楽しめること間違いないと思います。ソロでも全然楽しめるようになっていますので、傭兵を巧みに使いカルト教団を壊滅させてやりましょう!